Sponsored Link

エアコンのカビで病気に?咳などの影響アリ!掃除しないと…入院



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


最近寒くなってきましたね!

寒い冬や、暑い夏にはエアコンをつけっぱなしにするコトも多々。

 

しかし、掃除はめどくさい→カビだらけ!

このパターンの方は多いのではないでしょうか!?

 

咳が出る症状や病気になったりと人体への影響は必ずでてきますよ!

 

夏や冬のエアコンはカビだらけ!?

エアコンのカビによる病気
冬の防寒対策についてはこちらから!

エアコンは基本的にシーズンごとに掃除しないとカビだらけになると言われています!

 

最低でも年2回ですね!

ですから、もしエアコンの掃除をしたことの無い方がいらっしゃいましたらあなたのエアコンの中は絶対にカビだらけです。

この事実からは逃れられません…。

 

エアコンに自己洗浄機能があるんだけど…(ドヤっ)

自己洗浄機能は基本的にフィルターにホコリがたまらなくなる系のものが多いです!

つまりは、カビを防げるとか、カビを勝手に掃除して除去してくれるというものでは無いのです!

 

ですから、自己洗浄機能に安心していい加減な使い方&掃除放置をしていると、カビカビエアコンになってしまうのです!

 

そもそも、ホコリにしても自己洗浄機能では掃除に限界があって結局四隅にはたまるので、、掃除は欠かせないですね。

 

エアコンのカビによる咳などの影響&病気

エアコンのカビ
舌を噛んだ時の対処方法はこちらから

 

 

「エアコンのカビなんて放っておけば良いじゃない」

このように思う方も居るかもしれませんが…放っておいてはダメです!

 

カビが原因で、

 

  • カビ肺炎
  • 夏型過敏性肺炎

 

と呼ばれる(どちらも同じ病気のことを指しています)肺の病気にかかりやすくなってしまうのです!

なってからじゃ遅いですからね!肺炎辛いです…。

 

カビくらいで何で肺炎に?と思うかもしれませんから…そこをご説明!

 

カビはどんな症状をもたらす?

基本的に先ほどご紹介した「夏型過敏性肺炎」の症状です。

 

  • 初期症状では、風邪のような咳がでる
  • 呼吸時にひゅーひゅーと音が鳴るようになる

 

咳が出るだけでは、「ただの風邪かな?」と勘違いしてカビエアコンをそのまま使用し続けるパターンは多いそうです。

 

特定のカビを多量に吸い込むようになると、次第にアレルギー性の肺炎を引き起こすようになります。

 

カビなどの細菌やウィルス性のアレルギーでは高熱が出ることは稀なため、病気にかかった人がそこまで危機感を持てないというのも恐ろしいところです。

たいしたことないだろう!と思い病院に行かないため、かなり悪化して呼吸困難に陥って初めてことの重大さに気付くのです!

 

エアコンをつけると急に咳が出る場合などは、はやめに病院にかかった方がよさそうですね。

 

肺炎を引き起こすカビの種類

先ほど紹介した、アレルギーによる肺炎を引き起こすカビとして有名なのが、トリコスポロンです。

 

その他にもカビの種類によって引き起こされる症状は多様です。要は、カビにも種類によって得意な攻撃方法があるということですね。

 

カビの種類 症状・作用 カビの発生場所
トリコスポロン
  • 夏型過敏性肺炎
  • エアコン
  • トイレ
  • 押し入れ
  • 浴室
  • 洗面室etc…
アルテルナリア
  • アレルギー性鼻炎
  • 気管支ぜんそく
  • 水回り
  • 押し入れ
  • カーペット
アスペルギルス
  • 気管支肺アスペルギルス症
  • エアコンダクト
  • 食品
  • カーペット
  • 衣服
クリプトコッカス
  • 肺炎
  • 髄膜炎
  • 鳩の糞便
アフラトキシン
  • 発がん性物質を分泌
  • ヘーゼルナッツ
  • ピーナッツ
  • アーモンド
白癬菌
  • 水虫
  • 動物の皮膚

 

人体に害のあるカビのうち、身近な場所に存在するものでも、こんなにあるんですね。

 

さて、どうやってカビに対策しようか?

Sponsored Link

 

では、では、どうやってカビを倒せばよいのか…。

 

それは、さっきからずっと言っているように、エアコンをお掃除しましょう!

掃除しないとカビは繁殖しっぱなしです。

 

カビは、湿度を好むので夏や梅雨の時期は特に注意が必要ですね。

 

カビを防ぐために行なうべきことは、

  • 部屋のほこりや汚れの掃除
  • エアコンの掃除
  • エアコン使用後に送風機能を利用
  • 湿度が50%を超えたら換気する
  • サーキュレーター等で空気を循環

などなど…。

 

部屋のほこりや汚れの掃除

部屋がホコリだらけだと、当然エアコン内部にもホコリ軍団が侵入してしまいます。

 

ほこりや汚れというものは、私たち人間にとっては邪魔なものでしかありませんが、、

ほこりはカビたちにとってはごちそうです。ステーキです。

 

目の前のステーキをバカ食いしてどんどん繁殖してしまいます。

掃除はこまめに!

 

エアコンの掃除

そしてそして、エアコン内部ももちろん掃除です!

諸悪の根源はここですからね…。

 

エアコンの掃除方法の動画をアップロードしてくださっている親切な方もいるので、そちらを参考にしてみても良いと思います。

 

私が掃除をする時には、100円均一ショップで購入したアルコール成分入りの除菌シートでひたすら拭いたりしますね。

とりあえず、目に見える範囲だけでも綺麗にカビや汚れをふきとります。

 

お掃除の際はマスクをお忘れなく…。

 

エアコン使用後に送風機能の利用

最近のエアコンには無いかもしれませんが…、エアコンには「送風」という機能が備え付けられています。

 

これは、ただ単に風を送るだけの機能です。

暖かくも、冷たくも無い普通の空気をひたすら送り続ける意味の感じられない機能…。

 

この機能は、人の役に立つためにあるのではなく、エアコン内部の湿度をとるための機能です。

送風機能のついているエアコンを使用している方は、エアコン使用後30分〜60分ほど送風機能を利用して運転するとエアコン内部に湿気がたまりにくく、カビの繁殖を少し抑えられるそうです。

 

 

カビは湿度が高い環境がかなり好きで、湿度が80%を超えると一気に繁殖力を増します。
(ちょっとずつ調子づいてくるのがだいたい湿度50%程度)

 

湿度には敏感に!

 

湿度が50%を超えたら換気

部屋の湿度が50%を超えたか分かるように湿度計などがあると良いですね。

 

冬場は外は感想していても室内は湿度が高めになっていることもありますから、窓を開けての換気もかなり有効です。

もちろん、梅雨の時なんかはしないで下さいね!

 

サーキュレーターなどで空気の循環

部屋の空気がうまく循環せずに停滞していると、局所的に湿気がたまりやすくなってしまうので、空気を循環させてあげましょう。

 

サーキュレーターが無い場合でも、扇風機使用しても同じです!

 

暖房を付けている場合は、上に向けて扇風機で風を送りましょう。部屋の暖房効果も上がります。

 

まとめ

エアコンの掃除をせずに、カビを放っておくと…大変なことになりますよ…。

 

ただの風邪かな?と思ってしまうため、重い病気だと分かる頃には、かなり症状が進行してしまっているパターンが多いようなので、、

 

「エアコンをつけると咳が出る」

といった方は要注意です。

 

まずはエアコン掃除をしましょう!

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ