Sponsored Link

空き巣の手口や時間に対策!入られたり被害にあった時の保険



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


お盆の時期旅行や規制で家を長期間空けることも多いと思いますので、その時に空き巣に入られないように空き巣の手口や入る時間、マーキングの方法を勉強しておきましょう。

また、もし入られた時のために保険となる行動をとっておきます。

Sponsored Link

空き巣が入りやすい時間

最も多くの空き巣が狙っている時間帯が午前8時から午前10時だといわれています。働いている人の多くは朝の8時くらいには家を空けるためそこから活動を開始するそうです。

 

家にこの時間に居ることができる人はよいのですが、仕事などがある人は特別に対策をとっておく必要があります。なにも難しいことではありません。詳細は空き巣の手口とその対策方法のところで解説します。

 

空き巣が犯行にかける時間

約7割の空き巣が5分以内に侵入できなかった場合はあきらめてしまうそうです。つまり、空き巣に入られないためには5分かせぐことさえ出来れば勝手にかえっていくということです。そういったことも知りながら空き巣に対策していきます。

 

空き巣の手口とその対策方法

私たちは空き巣では無いので、空き巣の手口についてあまり良く知らないため対策できていない人も多いのでは無いかと思います。そういった場合にはまず空き巣の手口を勉強するところから始めていきます。

 

  • 鍵の場所
  • 隣人
  • 電気メーター
  • 新聞や牛乳
  • カーテン
  • 警備会社
  • もし番犬を飼うなら
  • 玄関で音をたてる
  • 窓ガラス
  • 防犯カメラ

 

注意すべき箇所はこんなにもあります!今まで何もしていなかった人は超危険!?

 

鍵の位置に注意!誰でもとれる場所はアウト

鍵を子供に持たせることが不安だからと言って郵便受けや植木鉢の中など、誰でもとれる場所に入れておくのは非常に危険です。だって空き巣犯でも簡単に取り出せてしまいますからね。

 

誰もみてないよ!

 

って思ったかた!

あなたは一番危険です。

 

泥棒は何も行き当たりばったりで侵入する家を選んでいる訳ではありません。下見をして、この家なら5分以内にさっさと入れそうだ!と思った家に入ります。

いつ誰があなたの家を監視しているかわかりませんから、絶対にそういったオープンな場所に隠すのは辞めておきましょう。

 

隣人とは仲良く!

空き巣は下見の際に隣人との関係も参考にするそうです。というのも、あなたが普段家にいないはずの時間に不審な物音がして、1番に気がつくのは隣の家の人だからです。

 

もし隣人さんと仲良く無ければ、そういった物音を聞いても放っておくかもしれません。だって面倒だから。

仲良くしていれば話は別で、警察に通報してくれることもあるでしょう。

 

ですから、空き巣犯はそういった警察通報のリスクが小さい家を選びます。隣人にじろじろ観られるだけでも空き巣にとってはプレッシャーです。

 

電気メーター

空き巣犯は、長期的に家を空けているかどうかを電気メーターをみて確認します。

節電も大事ですが、電気メーターで留守だと悟られないために部屋の電気をつけっぱなしにするなどして電気を消費するようにしておきましょう。

 

新聞や牛乳

配達された新聞や牛乳がたまっていると素人がみても留守だとわかるので、配達の会社に電話してとめてもらいましょう。

 

部屋のカーテン

外から部屋の中をのぞかれると留守だとバレてしまいますから、カーテンは毎晩閉めておきましょう。留守にする際は閉めて出ることで、空き巣も敬遠しやすくなります。

 

警備会社と契約

お金の余裕があるならこれが1番てっとりばやい方法です。

警備会社に加入すると玄関先にシールが貼られて、空き巣も一目でそのことがわかります。

空き巣にとってはそういった家を狙うのはリスクが高いだけなのでまず入ろうとしません。

 

もし番犬を飼うなら

番犬として外で犬を飼う方も多いですが、もし番犬を飼う場合は2匹以上飼いましょう。

というのも玄関先に1匹の番犬がいたら空き巣は裏口の様子をみに行きます。そこで番犬がいなかったら裏口から悠々と侵入することができるのです。

ですから、玄関先だけでなく、裏口にも番犬を飼いましょう。

 

玄関で音をたてる

玄関のドアや窓の各所いベルなどを設置して、空けると音が鳴るようにしておきましょう。

空き巣は余計な音が鳴ることをかなり嫌がりますから、そういった家にあたった場合は何もせずに退散してくれることもあります。

 

窓ガラス

窓ガラスを割って侵入する場合もあるので、余裕があれば強化ガラスに張り替えておきましょう。

そうすることで侵入を防げます。

 

防犯カメラ

本物の防犯カメラを設置するのはあまりに費用がかかるので難しい人が多いとは思いますが、ダミーのものであればそれほど値段はかかりません。ですから、何も設置していない場合はダミーでも設置しておきましょう。

 

というのも空き巣は何喰わぬ顔をしてあなたの家をリサーチしたり、侵入したりするので顔を全く隠していません。

ですから、防犯カメラはそれっぽいものがあるだけで空き巣はあきらめてしまうことも多いです。

 

空き巣に入られた時の保険

もちろん入られないことが1番なのですが、もし入られた時のためには

  • 現金などの貴重品は金庫に入れておく
  • リビングのテーブルに数千円程度の現金を置いておく(プレゼント)

といったことをしておきましょう。

 

リビングのテーブルに数千円程度置いておく理由は、空き巣が入った際に1円も手に入らないと、逆上して家の中のテレビなどを破壊して出て行くケースもあるので、そういった事態を防ぐために空き巣犯にプレゼントを用意しておきましょう。

テレビを壊されるよりはマシです。

 

 

 

 

以上のように空き巣が入りやすい時間と入る手口をしっかりと知って、対策してから休暇を楽しみましょう!

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ