Sponsored Link

アルジャーノンの意味ってなんだろ?第2話のあらすじ感想!



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


アルジャーノンの意味ってなんなんだろ?

と思いながら見た第2話のあらすじを中心に書いていきます!

 

見逃した方などはどんなあらすじかくらいは分かるように書いています。

感想はちょこっとだけ。

Sponsored Link

ちょい感想

咲人の「賢くなりたい」という要求は、いよいよ強い。優しい咲人は、苦境にある友人達を助けたいと願うが、自分の力が足りないせいで、それがかなわないことを知る。遥香の働きかけで、新薬候補者への道が、急速に具体化してくる。遥香の行動は、蜂須賀の為なのか、咲人の為なのか?

 

 アルジャーノン第2話のあらすじ

竹部が配達所の皆に給料を渡している。皆が給料を実感できるようにと、給料は現金手渡しだ。咲人も喜ぶ。咲人は給料を貯金していた。康介が咲人に貯金してどうするのか聞くと、咲人は楽しそうに、車を買うと言う。感心する康介に、隆一が近づいて、カーナビが壊れてしまったので配達車を交換してくれと言う。康介は道に詳しくないので断ろうとするが、隆一は咲人に聞けば大丈夫と言った。車を運転する康介は、咲人がすべての宅配ルートを暗記しているのを見て驚く。

 

研究所では、帰ってきたアルジャーノンの迷路試験をしている。試験結果が以前よりも良好なので、皆は安心した。蜂須賀は、研究員に、臨床試験の候補者選びを急がせる。しかし候補者はなかなか見つからない。皆はあせる。知的障碍者の犯罪者を選んでは、という意見に、蜂須賀は激昂する。「最初の試験者は、俺にとっては大切な子供ようなものなんだ。」白ける研究者たちを遥香はたしなめるが、聞き入れられない。

 

配達所に派手な美人が訪ねてきて、署員は色めく。ところがその女性は、隆一の母親だった。母親は、隆一の給料日に尋ねてきては、給料をせびっている。隆一は母に少しでも多くのお金を渡すために、株や博打をやっていた。隆一は努めて深刻にならないようにふるまっているが、一部始終を見てしまった康介は心配する。

 

研究所。研究員が蜂須賀の焦りについて話していると、古株の研究員がその理由を話す。蜂須賀は、息子を事故で失っていた。蜂須賀の息子は、駅で小競り合いに巻き込まれ、ホームから突き落とされたのだ。蜂須賀は、社会に暴力的な人間が増えていることを嘆き、投薬によって知性を向上させることで、そういった人間から暴力性を無くそうとしていたのだ。「こんなにも重要な研究なのに、なぜ、被験者が列をなして訪ねてこないのだ?」と悲観する蜂須賀に、遥香は「一人候補者がいます」と切り出す。

 

朝。宅配所の寮で、康介の携帯が鳴った。梨央が咲人に電話をかけてきたのだ。調子のいい隆一の手引きで、3人は梨央、舞と遊園地に行くことになった。咲人と梨央は、いい感じで遊園地を楽しむ。しかし咲人の様子を見て、舞は訝しむ。咲人は風船を追いかけて迷子になってしまい、ついに知的障碍者であることがばれてしまう。梨央と舞はすぐに3人から別れる。康介は憤慨するが、隆一はあきらめろと諭す。「お前、彼女がそうだと分かったらどうするんだ?」康介は返答に詰まってしまう。そんな二人に、咲人は何も知らずに笑顔を見せるのだった。

 

咲人たちと別れた梨央と舞が、喫茶店で話している。舞が驚いたことに、梨央は、咲人が知的障碍者であることに気が付いていた。梨央は、優しければ、その人がどんな人だっていいと言うのだった。

 

 

そのころ、宅配所の社長の所に、遥香が訪ねてきて、咲人を新薬の投与候補に選びたいと言う。社長は言下に断る。「咲人は今のままでいいんだ」しかし遥香はあきらめない。咲人の両親に了解を得ると言い出した。咲人の母親を訪ねる遥香。母親は遥佳を、金目当ての勧誘だと思い追い返そうとするが、遥香の説得は続いた。母親は遥香に、咲人への努力が徒労に終わってしまったむなしさ、咲人への嫌悪感を告げ、「咲人は私の子供ではない」と言うのだった。

 

宅配所。咲人が食事をしている傍で、隆一が他の社員と博打をしている。咲人の好奇心から、隆一のイカサマがばれてしまった。皆に殴られる隆一。隆一は母親に渡した金を少し返してもらおうと、咲人と一緒に母親の所に行くが、母親は既に全て使ってしまっていた。母親は、隆一の父が若い女と逃げてからも、父親が戻ることを信じて、ファッションへの浪費を止めないのだ。隆一は母親に絶望する。

 

康介は心配して隆一に電話を掛けるが、隆一は出ない。代わりに咲人が出て、康介に「友達だからほっとけない」と言う。自暴自棄になっている隆一は、咲人に言ってしまう。「友達ってのは対等なんだよ!お前みたいなバカは友達なんかじゃねえよ!」しかし殴られたダメージは大きく、隆一は倒れこんでしまう。駆け寄る咲人。

 

研究所。蜂須賀は研究資金を提供している会社の社長(梨央の父親)に、臨床試験に着手できていない理由を告げている、しかし提供者は蜂須賀の理想には興味を示さず、冷淡に「結果が出せなければ予算を打ち切る」と告げるのだった。立ち尽くす蜂須賀。蜂須賀は追い詰められていた。

 

咲人は昔の記憶をたどって、遥香の家に助けを求めに行った。そのおかげで、亮一は病院に行くことができた。病院で咲人は、遥香に「対等」の意味を教えてもらい、悲しみに暮れる。「ぼくはバカだから、柳川君(=隆一)と友達じゃない。柳川君が悲しんでいるのに、僕は何もしてあげられなかった。バカはダメです。バカはダメです。」そんな咲人に、遥香は「アルジャーノンに会わない?」と持ちかけるのだった。

 

 

研究所。咲人はアルジャーノンに会って、とても喜ぶ。遥佳は安堵するが、遥佳の同僚は、遥佳がアルジャーノンを逃がしたことを知っていた。咲人を観察していた蜂須賀は、咲人を新薬投与試験の候補に選ぶ。「私が君に魔法をかけて、君をお利口にしてあげるよ。」

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ