Sponsored Link

冬の部屋の防寒対策グッズ!窓にカーテンや服の種類などの効果は!?



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


冬の部屋の防寒対策方法やグッズ紹介!

 

みんながよくやる窓にカーテンなどを設置するのは効果があるの!?

どんな生地の服なら防寒になる?などなど。

 

外に出ると寒くて凍え、部屋にいてもエアコン代がバカにならない。

そんな悩みを少しでも和らげましょう!

 

冬の防寒対策はこれできまり!

冬の部屋の防寒対策
舌を噛んだ時の対処法についてはこちらから

 

寒い時期がやってきましたね…。

 

毎年毎年、夏が訪れると「早く冬にならないかなあ…」と思い、

冬が訪れると「早く夏にならないかなあ…」と思いますよね。

 

冬の寒さに耐えるために、お部屋に施す対策をしていきましょう!

完全に冬になる前から作業しておくと捗ると思いますよ!(真冬になると窓に近づくことさえ嫌になっちゃいますからね。)

 

  1. 窓の対策
  2. 床などの対策
  3. 賢い暖房器具以外の器具

 

この3点を抑えるだけでかなり違いますよ!

これに加えて、部屋着なんかも工夫すると安く賢く防寒できちゃいます!

 

1.窓の防寒対策

冬のまどの防寒対策
台風など災害時に避難する時の持ち物一覧リストはこちらから

 

まずは、部屋の中で最も冷える窓際の対策です。

ガラスは熱伝導率が低く、寒さを伝えにくいですが、常に外の空気にさらされているうちに冷えてしまい、逆にその熱伝導率の低さが部屋を温めるのを邪魔してしまいます。

 

この窓ガラス・外の世界と部屋の中をシャットアウトすることによってお部屋の平和を守っていきましょう!

 

また、窓のサッシからは隙間風が入ってしまうことで、お部屋の空気と外の冷たい空気が混ざってしまい、部屋が暖まりにくくなってしまいます。

ですから、サッシの隙間を塞ぐ工夫も必要です。

 

まずは窓・外の空気をシャットアウト〜厚手のカーテンはマジ有効〜

 一番賢い選択は3段構え

 

厚手のカーテンなどが部屋の防寒方法として有効であることは有名というか、すぐ分かるとは思いますが…

「これだけでは不十分!」と感じる方は多いのでは無いでしょうか!?

 

カーテン1枚だけでシャットアウトしても、カーテンがひらひらする度に結局窓側から押し寄せる冷たい空気が部屋の暖かい空気と混ざってしまいからです。

 

ですから、2重・3重のカーテン的なにかを設置する必要があります。

  • プチプチを窓に貼る
  • 窓際にビニール製のカーテンを設置
  • 部屋側に厚手のカーテンを設置

 

この3つの対策を施すことによって部屋の防寒効果はかなり高まります。

 

プチプチを窓に貼る

冬の防寒対策をプチプチで

プチプチと言えば、幼きころから潰して遊んでいたこれ!そう、梱包剤。

こちらを窓に貼ることによって防寒効果がアップします。

 

「プチプチが窓の外から見えてダサい。無理。」と言う方に朗報!

プチプチって外からみて、貼っていることがバレてしまいますよね。

電気代節約したいけど、、ガツガツやっているところを人に見られたくないと思うのもまた分かります。

 

そんな方向けに、プチプチと同じように防寒効果を期待できるものがあります。

それが「モルトプレーン」です!

モルトプレーン

 

モルトプレーンで検索するとネットでも購入出来るのでオススメです!こちらの方がプチプチよりも設置しやすかったので個人的にはこちらの方がおすすめです。

 

ビニール製のカーテンの設置

ビニール製のカーテンはホームセンターなどにも売っていると思います。

こちらはプチプチでも代用可能です!

 

このビニール製のカーテンは部屋の中で目に入ると、ダサくてテンションも下がりますし、ひらひらして邪魔になるので、窓と厚手のカーテンの間に設置するのが一番メジャーな方法です。

 

厚手のカーテンを設置

とどめはやっぱり厚手のカーテンですね。

 

これ無くして冬は乗り切れません。

 

サッシの隙間をうめる

窓のサッシの間の隙間からも冷たい空気は伝わってくるので、隙間をうめる工夫をしておきます。

 

オススメはいらなくなった古いスポンジや、新聞紙、モヘヤシールなど、安価で用意できるものがほとんどです。

隙間風を防ぐためのものなので、隙間のできないようにぴっちぴちに詰め込みましょう!

 

2.床の防寒対策

床が冷える家だと、部屋も冷えてしまいます。

また、床が冷たいと足が冷えてしまって血行も悪くなり、冷え性になったり痔になったりといいコト無しです。

 

ですから、床にも冷えにくくなる対策をしていきましょう!

 

 コルク質のマットを敷き詰める

冷えたフローリングを歩くと足が冷えてしまいます。

コルクマットをしくことで、これを防ぐことができます。また、コルクマットは熱を吸収しやすいので、窓際の日のあたるところに設置しておくと効率よく部屋をあたためてくれます。

 

もちろん、暖かいもふもふのスリッパを着用しても良いのですが、、

部屋全体を温めるという意味では、コルクマットの方がオススメです!

 

敷き詰めるのはかなり面倒に思えますが、、

某100円均一ショップで正方形のコルクマットを販売しているので、そちらを購入して敷き詰めるのが安価で簡単だと思います。

 

コルクマットはハサミでも簡単にカットするとができるので、部屋の形に敷き詰めるのは簡単です!

 

3.賢い暖房器具以外の器具

Sponsored Link

 

単にエアコンをつけるだけで無く、他の器具と併用することによって部屋を温めやすくすることができます。

 

ここでは以下の2つを紹介しておきますね!

  • 扇風機(サーキュレーター)
  • 観葉植物(窓際族)

です!

 

扇風機

扇風機を置くのは単純な理由で、空気の循環を良くするためです。

暖かい空気は上に上がってしまうので、部屋の上方向に向かって風を送ることで空気の循環がスムーズに起こり部屋の中でも私たちが生活する高さの部分が暖まります。

 

また、夏が終わりいつか片付けようと放置していた扇風機を片付けない理由にもなることは内緒です!笑

 

観葉植物

観葉植物の土は、コルク質のマットと同様に日の光から熱を吸収しやすいです。

そのため、窓際に置いておき、日がでている間は日の光を当てて上げると良いです。

 

ただ、観葉植物は手間がかかる割に防寒効果は気休め程度なので、無理に用意する必要はありません!

現在観葉植物が部屋に置いてある人は、設置場所を考え直す程度で良いと思います。

 

防寒対策になる生地の服は!?

これは、フリース一択ですね!

あんなに軽くて暖かい生地の服は他にないです。

 

ただ、このフリースには一つだけ欠点があって、、

ダサい

 

その一言につきますね。

これは、暖かさをとるか、、可愛さや格好良さをとるかのどちらかですね。

 

私はもちろん、、

フリース一択!

ですね。

 

寒さには勝てません。

 

まとめ

防寒対策というと、防寒に対策しているみたいで変な気もしましたが、、気にしない気にしない…。

 

冬の到来が恐ろしいですが、少しでも悪あがきをしていきましょう!

個人的に、コルクマットや観葉植物に日の光をあてるために昼間にカーテンを開放するのは面倒な割に効果が薄いと思うので常にカーテンしめっぱなしです。

 

その分、冬が終わった時にカビ掃除なんかは徹底しますが…。

 

今回の記事がお役に立てば幸いです!

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ