Sponsored Link

嵐山花灯路の感想!平日は混雑していないからおすすめ!



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


京都嵐山で毎年行なわれている花灯路に行ってきました!

関西の冬のイルミネーション系イベントと言ったらこれです。

 

平日の夜に行ったらそんなに混雑していないしゆっくり観ることができました!
ただ…やはり激寒()´д`()ゲッソリ・・・

 

嵐山の花灯路って?

嵐山花灯路
大学生のクリスマスディナー平均予算とは…?!

毎年冬になると、京都嵐山の各観光スポットがライトアップされるイベントです!

関西圏で知らない人はあまり居ないかもしれませんが…夜中にライトアップされる風景は、カップルで行くとかなり良いムードになれましたよ…!笑

 

中でも特に綺麗なライトアップスポットは『竹林』です!

花灯路のホームページに時間や期間などの情報は記載されているので、そちらを要チェックです。

 

嵐山花灯路に行った感想やら画像やら

花灯路
京都で大学生がクリスマスディナーできるオススメ店はこちらから

とにかく最初に言っておきたいのは、川辺が本当に寒いということです。

冬場の寒くなってくる時期ですから、油断せず防寒に徹してください。
オシャレさよりも防寒重視の方が良いかもしれません。

 

まず、当日は阪急嵐山駅から歩いて散策を開始しました。

JRの嵐山駅からもアクセスできるのですが、花灯路の目玉である竹林を最後に見ようと思って阪急側から行きました。
竹林にしか興味の無い方は、JRの嵐山駅から竹林ゾーン付近まで無料のジャンボタクシーが運行しているのでJRから行くのが良いと思います。

 

地図検索しても良いですが、嵐山駅をおりてから人の流れについていけば竹林まで簡単にたどり着けるくらいには、人はたくさん居ました。

しかし、混雑して花灯路をゆっくりと観ることができないというほどでは無かったので、非常に良かったです。

 

多分、平日でこの状態だと、休日はかなり混雑することが予想できますね。
無料ジャンボタクシーは1度に乗れる人数が結構少ないので、休日に行く人はジャンボタクシーはアテにしない方がよいかも!

 

 

竹林の画像

iPhoneで写真を撮ったのですが、あまり綺麗に映りませんでしたね。
僕の彼女さんが画像編集アプリを使ったら花灯路のホームページみたいな雰囲気の写真にはなっていました。

 

ですから、この写真画像よりも実物の方が結構綺麗でしたよ!

花灯路の竹林 花灯路の竹林

僕もその一人でしたけど、写真撮りながら歩く人が結構いるので、歩きづらい箇所は何カ所かありましたが、

子ども連れでも全然楽しめるくらいにがやがやしていました。

 

全然関係ないですけど、女子って常に自分たちを写真に映してますよね…!
僕はあまりそういったことはしないのですが、

 

花灯路で観た女子たちは、iPhoneで自撮りする用の長い棒を持ってました!

これ僕が結構びっくりした事実

 

花灯路の美しさよいも衝撃的だったかもしれないです 笑

 

 人力車

観光していると、人力車の勧誘を結構受けました…。

なんでも、昼間は人力車は年中走っているけど、夜に走るのはこの花灯路の期間だけなのだそうです!

 

でも、ちょっとお財布がシバかれてしまいそうだったのでNG…

 

カップル2人の場合

  • 1区間で(観光スポット1つ)4000円
  • 観光スポット数カ所回って大通りまで送って7000円

って感じで、結構割高なので、、これは社会人になり軌跡的に金持ちになってから乗る旨を伝えました…。

 

うまいもの

Sponsored Link

 

 

花灯路を見て回る時には、暖かい飲み物やたこ焼きなどの屋台もちらほら出ていました。

 

その中に嵐山の名物?と思われるねじり大福なるものが…!

まあ、その名の通りねじった大福が串に突き刺さっているわけです。

嵐山のねじり大福

 

写真はとるまでも間も無く食べてしまったので、、ネットから拾った画像です。
ググったところどうやら北海道の名物のようでした(´。_。`)
(かなし〜〜〜〜)

でも美味しかったです 笑

 

結局

竹林が非常に綺麗で、その他のスポットはどうでも良いと感じました!笑

 

お寺とか入場料いるところが多いし、夜は開園していないところもあったので、、ホント竹林を目当に行けばよいとおもいます。

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ