Sponsored Link

鼻水を止める方法!子どもにも効く薬や食べ物など一覧!水が効く!?



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


鼻水だらだらの子どもを助けてあげたい…!

もしくは自分の鼻水を止める方法を知りたい…!

そんな方のために効く食べ物やツボなど対処法をまとめました!

 

薬などを使用しなくても子どもの鼻水を止める方法はたくさんあった…?!

 

 

子どもの鼻水が止まらない場合の対処法

子どもの鼻水を止める方法
花粉症には注射が効果的!?その値段などは…!?

春が近づき、そろそろ花粉症のシーズンが迫ってきました。

 

花粉症歴が長いベテランの方は対処法を熟知している人も多いと思いますが、幼い子どもの場合は経験が浅いので症状に戸惑ってしまうこともあるかもしれません。
子どもは大人に比べて、風邪や花粉症に対しての免疫力が低いです。

 

そのため、大人より小さな子どものほうが鼻水などの症状が出やすいのです。
鼻水は喉に詰まってしまい、呼吸困難になることも多く、近年での小児科では「鼻水を止める薬」を処方しない医者も増えてきています。

では、鼻水が止まらないとき、どういった対処をすればいいのでしょうか?

鼻水に効くツボを!

  • 人差し指を曲げ、第二関節付近を爪で押してみる

指の第二関節を曲げた際にできるシワと、爪の跡で十文字ができるほど強く押してみましょう。

  • 鼻の頭のツボを押してみる

人間の身体には多数の「ツボ」があります。鼻水に効果的なツボは「鼻の頭」です。

ここを「5秒、5回」を目安に押してみましょう。

鼻水にはお水が効果的!?

  • お水を口に含んで除去する

口に水を含むと、喉の奥が鼻水を押し出そうとする力が働くので、それを利用して鼻水を除去していきましょう。

その他の子どもの鼻水をとめる方法

  • 温めたタオルを使う

蒸しタオルで、目の下~鼻付近を包んであげましょう。鼻水が出る原因の1つが「乾燥」なので、蒸したタオルで乾燥を防ぐのが目的。

  • 吸引器を使用する

多少コストがかかりますが、吸引器を使って鼻水を取るのは効果的です。

しかし、あまり回数を多くしてしまうと鼻を痛めてしまうこともあるため、耳鼻科などで医者に様子を見てもらいながら行うのがおすすめです。

子どもは吸引を行なうことをめんどくさがって嫌がりますが、結果的には吸引した方が子どもが楽になるので、ここは心を鬼にして…!

 

鼻水が止まらないときに食べると効果的な食べ物

Sponsored Link

なんと、鼻水に効果的な食べ物が存在するのです。

鼻水にヨーグルトが効く!

ヨーグルトは、「花粉症」にも効果的な食べ物として人気の高い食べ物です。

とある実験結果によると、花粉症の人に1日200mlのヨーグルトを1年間食べてもらい、測定してみると、約3割の人に花粉症の改善が見られたそうです。

花粉症や鼻水が辛いときは、ヨーグルトで決まり!

鼻水にレンコンが効く!

「ムチン」というレンコンに含まれている物質は、鼻の粘膜を保護してくれる役割があります。ヨーグルトと共に「レンコン」を食べれば、花粉症対策もバッチリ。

鼻水をハーブティなどのお茶で止める!

ルイボスティーやハーブティーは花粉症にも効果があります。ハーブティーなどの蒸気を鼻から吸いながら飲むことで、より高い効果が期待できます。

鼻水にハチミツが効いちゃう!?

鼻水が止まらなくなると、必然的に鼻をかむ回数も増えてしまいますよね。

あまり多く鼻をかんでしまうと喉や鼻が痛くなることがありますが、そんなときは「ハチミツ」の出番。
お湯にハチミツを溶かして飲むだけでかなり楽になります。

大人にも効く鼻水に即効性のある「つぼ」押しテクニック

鼻水に効くツボ

(出典:http://matome.naver.jp/)

鼻水を止めるツボもあります。

画像の部分を「5秒、5回」を目安に押してみましょう。ツボ押しは即効性がありますから、どうしても辛い時などに利用してみましょう。

 

 

以上、「鼻水を止めるための必須テクニック」でしたが、いかがでしたか?

1~3月は風邪を引きやすい時期でもありますが、「花粉症」を発症しやすいシーズンでもあります。

もし症状が出てしまって辛くなってしまった場合は、この記事を参考に鼻水対策をしてみてくださいね。きっと効果がありますよ。

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

“鼻水を止める方法!子どもにも効く薬や食べ物など一覧!水が効く!?” への1件のフィードバック

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ