Sponsored Link

藤原達也の「なんでだよ」の元ネタ!



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


2chなどでよく使用されている藤原達也の

 

「なんでだよ」→「な”ん”で”だ”よ”」

 

のような濁点をつけまくった文が目に留まりませんか!?

 

これの元ネタがなんなのか調べてみました!

Sponsored Link

元ネタはどこから?…映画から!

藤原達也さん主演の映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のワンシーンが元ネタのようです。
元ネタ映画のワンシーンはこちらから
ようは「なんでだよ」というフレーズが大事なのでは無く、

しゃべり方がポイントなんですね。

 

 

ようは色々な言葉に濁点さえつければこの流行に乗れるということですね!

 
その他の雑学集はこちらから!
 

 

また、ネット上では藤原達也変換ツールなるものが存在します!
藤原達也変換ツールはこちら
このツールは

例えば「こんにちは」と打ち込んでこのツールにかけると

 

「こ”ん”に”ち”は”」

 

のように全ての文字に濁点の記号をつけてくれるという、

本当にただそれだけのツールです。

 

また、変換後の濁点付きのフレーズをツイートすることも出来て、

いつでも藤原竜也(カイジ)気分のツイートができるというわけです!

 

 

実際に藤原達也さんのこの濁点の言葉遣いでbotを作成している人もいるようです。

なかなか面白いですね。

というかシュールです。

 

藤原達也bot

 

でもこれって本人や事務所とかからクレームこないんですかね!?

 

 

映画の話を繋げると…

だまされたと思って藤原達也さんの主な出演映画一覧を見てみてください!

 

 

  1. バトルロワイアル:中学生が殺し合いをするという内容
  2. デスノート:大学生の主人公がデスノートを拾って世界の神を目指す内容
  3. カイジ人生逆転ゲーム:借金返済のため自身の人生を賭けて博打
  4. インシテミル:超高額報酬の短期バイトに行ってみるもただの殺し合い
  5. カイジ2人生奪回ゲーム:人生をかけた賭博再び

 

これらの概要を知っているとかなり面白い羅列です!

これを藤原達也の人生としてみると

 

中学生の時に殺し合いに巻き込まれて、

その後なんとか大学に進学するとそこでデスノートを拾う。

 

デスノートは人の名前を書き込むとその人物を殺すことができるという恐ろしいノートで、

これを手にした主人公(藤原達也)は、警察と知恵競べをしながら戦い、

犯罪の無い新しい世界の神を目指す。

 

結局それはうまくいかず、気づけば借金まみれのカイジ(藤原竜也)。

借金返済のため少し特殊な賭博イベントに参加し、

「限定じゃんけん」や、「eカード」を必死でこなす。

 

その後、あまりの報酬の高さに目がくらんで

明らかに怪しい短期バイトに応募。

ここでも殺し合いを強いられる。

命がいくつあっても足りない…。

 

 

結局また借金まみれ…

そんな時に今度は究極のパチンコ台に勝負を挑んで大勝利をおさめる。

が、その後だまされて眠らされ報酬のほとんどを失う。

 

 

 

といった具合に波瀾万丈すぎる人生を送っていることになるんです!

 

 

今回公開されている映画「MONSTERS」も、

藤原竜也は人を操る能力を有しており、

それを用いて人を巻き込むようなので

 

また命がけの話なのでしょうか!

 

なにかと命がけ&金関係の映画の出演が多いようですね。

 

あの独特のキャラを演じるには藤原竜也さんが一番!というのは

万人の意見だとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ