Sponsored Link

アイアンマンのレーザーが赤い理由



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


人気映画のアイアンマンですが、

戦闘では手から赤いレーザーを出しますよね?

search

何気なくテレビを観ていても何とも思いませんが、

レーザーが赤いことには実は理由があるんです!

Sponsored Link

アイアンマンの赤いレーザーのエネルギー

レーザーが「赤」という色をしているのにはどのような意味があるのでしょう。

 

まずは武器として使う上で非常に重要な威力を考えてみましょう!

 

 

レーザーの威力を考える場合は、その光のエネルギーを考えることが重要になります。

 

 

レーザーと聞いて、「ぐう難しい」と思う人でも

エネルギーが高い方が強そうなイメージはつくのではないのでしょうか?

 

 

 

 

そのエネルギーですが、

赤という色は実は全ての色の中で

 

 

エネルギーが一番弱い色なんです!

 

 

 

 

弱いのかよ!

と思っちゃいますよね。

 

そのため、空中ではこの赤色のレーザーは使用していませんでした。

 

 

赤よりも緑や、さらには青の方がエネルギーが強いので

そちらを武器にして使えばいいじゃないか!

 

と思ってしまい

そうですが

 

 

 

そうでは無くて、エネルギーの他にも考えるべきことがあります。

 

 

それは距離です!

いくら強いレーザーが出ても近くにしか飛ばせないと意味ないですよね!

 

 

 

 

この距離というのは「波長」という値が関係してくるのですが、

この波長とエネルギーとの間には反比例の関係があるので

 

 

エネルギーが大きければ大きいほど波長は短くなってしまいます。

ですから、武器として使用するためには

 

エネルギーの大きさをけずってでも飛ばせる距離を考える必要があるのです。

その結果、攻撃用のレーザーとして赤が使用されています。

 

 
その他の「へえ〜」と思う雑学はこちらから
 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ