Sponsored Link

花粉症に注射が効果的!?値段や何科で受けられるかの情報



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


花粉症にかかった際に、あまり知られていないのが、注射で症状を抑えるというものです。

 

重度の花粉症になると軽い病気よりもたちが悪いので、

何科に行けば注射してもらえるか?

値段は?

などの情報を掲載しておきます!

 

花粉症はそもそも何科で受診するものなのか…?

花粉症は何科で受ける?
花粉症の症状一覧はこちらから

花粉症は何科で受診すればいいのかお困りの場合、まずは「症状の中で一番強く出ている部位」に関係するところを受診しましょう。

例えば、

  • 鼻水などの症状が辛い場合は「耳鼻科」
  • 目のかゆみや涙が辛い場合「眼科」
  • 鼻水も辛く、喉にも症状がある場合「耳鼻咽喉科」

春などの花粉症シーズンでは、どの科でも花粉症の症状を訴える患者さんで混んでいます。

そのようなときは「内科」を受診しましょう。

 

内科でも処方される薬は変わりませんから、少しは混雑を避けられるかもしれません。

花粉症の予防接種の値段

花粉症の注射の値段
舌を噛んでしまった時の対処法はこちらから

1回の予防接種にかかる値段は「500~1000円」ほどです。

意外と安い!!!

 

予防接種の種類にもよりますが、花粉症対策などで高級なマスクを大量に買ったりするよりかは、格安と言えるでしょう。

 

花粉症の予防接種の効果

Sponsored Link


花粉症の予防接種にはさまざまなものがあります。

ステロイド注射

かなり効果の強い予防接種の1つに「ステロイド注射」があります。打った翌日くらいからかなり症状は改善されます。

 

しかし、日本耳鼻咽喉科学会では、ステロイド注射は「非推奨」となっています。

それは、「副作用」が強いことが原因です。

 

ステロイド注射は1度打ってしまうと、その副作用もしばらく続いてしまうことが多いのです。

 

辛い副作用が出てしまった場合、長い期間、副作用に苦しまなければならなくなります。
主な症状は

  • ホルモンの乱れ
  • 生理不順
  • 内蔵疾患
  • 免疫力の低下
  • 精神不安定

などが挙げられます。

 

アレルギー物質注射

アレルギーの物質を注射して、体内の免疫力を上げるための注射が「アレルギー注射」です。

ステロイド注射のように副作用はほとんどないため安全です。

しかし、効果が出るまでには多少時間がかかります。

 

ヒスタミン注射

アレルギー注射のように「特定のアレルギー症状」に対してではなく、花粉症の全体的な面に対しての効果を望めるのが「ヒスタミン注射」です。

副作用は、アレルギー注射と同じくほとんどありません。

 

花粉症のシーズン前(1~2月頃)の頭に1回。

そして、その後定期的に3~12回ほど打ちます。

 

 

以上「花粉症の予防接種」に関しての記事でしたが、いかがでしたか?参考にしてみてくださいね。

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ