Sponsored Link

福岡の小学校長が覚醒剤所持で逮捕。入手経路や理由は明らかに?



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


2014年5月9日に福岡県内の小学校長が
覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。

高知県警が他の事件の捜査中に疑惑が浮上し
逮捕に至ったそうです。

いったいどこから覚醒剤を入手したのでしょうか?
いったいどのような理由で覚醒剤を所持していたのでしょうか?
覚醒剤の本人の使用はあったのか否か。

Sponsored Link

入手経路・逮捕の決め手

5月7日に福岡市中央区の無職の男性が

覚醒剤を会社員に販売したとして逮捕されました。

 

この逮捕された無職男性の知り合いの一人であった

小学校校長の男性の覚醒剤所持の疑いが浮上し逮捕に至りました。

 

小学校長という聖職者でありながら公務員である容疑者の男性は

7日に逮捕された知人男性から覚醒剤を購入した可能性が高く、

現在調査中とのことです。

 

この小学校長が転売目的で所持していたのか、

自身で使用していたのかも調査中ですが、

もし後者だった場合はかなり問題ですよね。

 

覚醒剤を使用した状態で勤務していた可能性もありますから

子供にとって非常に危険で

保護者様がたも安心して子どもを学校に

通わせることができなくなってしまいます。

 

 

小学校長の容疑内容

5月8日に容疑者は春日市内においていたバッグに

覚醒剤0.1gと注射器数本を所持していた疑いで逮捕されました。

 

 

 

この小学校校長の罪は、覚醒剤取り締まり法違反という

法律を違反したことだけでなく、

 

現在では覚醒剤に対する認識などを道徳の授業で扱う

小学校の先生が覚醒剤を使用していたということで

子どもたちがどのように感じたか、ということです。

 

今回逮捕された小学校長は、教育熱心な教師で、

校長でありながら音楽の授業を行うなど

生徒との距離も近かったため、

その分子どもたちが持つ大人への不振感は計り知れません…。

 

 

 

教育に関わる仕事をしている人がこのような犯罪を

絶対に犯してはならないと感じますし、

今後2度とこのようなことが起こらないことを祈っています。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ