Sponsored Link

夏バテの症状は吐き気とめまいの他にも?○○が原因だった!?



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


夏バテに毎年苦しんでいるあなたのために

その症状と原因をご紹介!

 

なんだか近頃体調がすぐれない…

 

そんなあなたは夏バテかも!?

 

夏バテの症状を徹底解説します。

 

無縁だと思っていたあなたも実は

症状が当てはまっちゃいます…!

 

今すぐチェック!

Sponsored Link

夏バテの症状

夏バテは心にも体にも様々な症状が出てきます。

  • 体のむくみ
  • 下痢
  • 便秘
  • 立ちくらみ
  • 吐き気
  • めまい
  • 熱っぽさ
  • 食欲不振
  • 疲労感・だるさ
  • 自立神経失調症

 

などなど、あなたも一つは当てはまったのでは?

 

下痢や便秘などの一見夏バテとは関係なさそうな症状でも

夏バテと関係があるのですね!

 

夏バテの症状がおこる原因

なぜ暑い時期になると上記のような

症状が起こるのか?というその原因まとめです。

 

解消法を勉強する前に原因を知っておきましょう!

 

夏バテによる体のむくみの原因

むくみの基本的な原因は、体内にたまった水分

悪い血行体の冷えです。

 

また、むくみをおさえる成分として有名なのが

ビタミンやミネラルです。

 

 

体内に水分がたまってしまう原因は

ズバリ水やスポーツドリンクのがぶ飲みです!

 

夏の暑い時期になると汗を多くかき、

その結果水分不足となり喉が乾きます。

 

汗として出てしまった水分を取り戻すのは良いのですが、

出た以上に摂取してしまうケースが多いため、

 

体内に水分がたまってむくみの原因となります。

 

 

さらにクーラーの効きすぎた部屋にいるだけでも

むくみの原因となります。

 

外が暑いためクーラーの設定温度は低くなりがちです。

女性の方は職場や学校で部屋の寒さに耐える場面も多いと思います。

 

そうこうしていると体温の低下と共に血行が悪くなり、

むくみが起こります。

 

冷たい飲み物をがぶ飲みした場合も、胃などの内臓から体温を下げられ

同様に体温低下→血行が悪くなる→むくみ

という流れが生まれてしまいます。

 

これらが原因でむくみはおこるのですが、

さらに夏場は大量の発汗で、水分と共に、

ビタミンやミネラルも流れ出てしまいます。

 

むくみを押さえる成分まで抜けてしまい、

水分ばかり補給する人が多いのが現状だと言われています。

 

 

 夏バテによる下痢・便秘の原因

意外かもしれませんが、血行が悪いと

下痢の症状が出る場合があります。

 

お腹を冷やしてしまい血行が悪くなると

腸の働きが悪くなってしまい

下痢や便秘の症状が出てきます。

 

 

また、夏には体を外側から冷やしてしまう要因だけでなく

体を内側から冷やしてしまう場面も多々あります。

 

 

その代表例が夏野菜です!

 

 

え!?

夏野菜って体に良いのでは?

と思った方も多いのでは?

 

 

確かに、夏バテ対策で良く食べられる夏野菜ですが

夏野菜は摂りすぎると体内の温度を下げてしまうそうです。

 

すると、やはり下痢や便秘の原因となるわけです。

 

もちろん冷たい飲み物の一気飲みもNGです。

 

 夏バテによるめまい&立ちくらみ&吐き気の原因

これらの原因は自立神経の乱れにあります。

また、これらの症状は貧血によく似ており、

実際に貧血となっている場合も少なくありません。

 

 

鉄分の不足は特に女性に顕著ですから、

その点も注意したいところです。

 

クーラーの設定温度が低いと凍えてしまうのが多いのも女性

鉄分の不足による貧血が起こりやすいのも女性

 

ということで、女性にとってこの季節は特に気をつける

必要がありますね。

 

夏バテで熱っぽくなる原因

水分の撮り過ぎが危険だという情報を得た人が

水分を必要量摂らなくなる場合があります。

 

一度に大量に水分を摂ることが危険なのであって

少しづつ適量を摂取していけば問題ありません

 

というか、摂取していかないと別の症状

あらわれます。

 

それが熱っぽさです。

 

 

水気を摂らないことで、体が汗をかく量が少なくなり

体温をうまく放出できなくなります。

 

その結果体温が上がってしまいます。

 

水分不足は熱意外に便秘など別の症状も引き起こすため

こまめな摂取が大事ですね。

 

夏バテによる食欲不振の原因

まず食事の第一目的は、エネルギーを摂取することです。

体温を保ったり、体の様々な機能を実現させるためには

エネルギーが必要ですから。

 

そのエネルギーなのですが、冬と比べて夏に必要なエネルギーは

多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

 

答えは単純で

夏は気温が高いため体温を自ら上げる必要がありません。

 

そのため体がエネルギーを欲しがらないので

食欲も減ってしまうのです。

 

また、下痢&便秘にも関係したように

 

冷たい飲み物などで内臓の温度が下がると

胃腸の機能が低下するため、食欲の不振にも

当然繋がってきます。

 

 

さらに自律神経の乱れやミネラルバランスの乱れも

食欲に影響を及ぼします。

 

外の暑い空気にさらされると、体を外的条件に適応させるための

交感神経というものが活発になります。

 

それによって食欲などの体の内的条件を司る副交感神経

という部分はおろそかになるため

 

食欲は無くなってしまうのです。

 

 

自律神経失調症とは?夏バテが原因?

そもそも自律神経失調症とはなんだか難しそうな名前ですが

どのような定義かご存知でしょうか。

 

交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうこと

 

これが、自律神経失調症です。

 

ですからさきほど挙げた食欲不振も

自律神経失調症が原因であると言え、

 

夏バテの症状の原因となっています。

 

夏バテの原因まとめ

夏バテによって引き起こされるさまざまな症状の原因は

 

  1. 外の暑すぎる気温
  2. 発汗(による水分&ビタミン&ミネラルの不足)
  3. (冷たい)水分の過剰摂取
  4. 自律神経の乱れ

 

などです。

これらを知っておくことで、対策もとりやすくなると思います。

 

気温などの外的な要因への対策と

食事の中身などの内的な要因への対策が

非常に重要です。

 

夏バテの原因を知ったら

今度は夏バテの対策を見ていきましょう!

 

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ