Sponsored Link

ピーチの年収は低い?乗務員不足の原因とは!



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


格安航空会社として有名なピーチですが、現在乗務員の不足で欠航予定の便が多数存在するそうです。いったいその数…

Sponsored Link

なんと最大で見積もって2088便だそうです。見込みに対してそこまで従業員数が足りないことには何か理由があるのでしょうか?

大手航空会社と格安航空会社で戦っている現在その理由もだいたい想像はつきますが、いったいどうなのか…

 

乗務員不足は航空業界全体の悩み

現在ピーチが乗務員不足による欠航便の存在を発表しましたが、実はピーチだけが従業員の不足に悩んでいるわけではないんです!

現在は団塊の世代が抜け、業界全体でのパイロット数が減少しています。

特に機長の数が足りず、新しいパイロットの養成がうまくいっていないようです。

 

 

今後さらに減少?

ピーチだけでなく航空会社全体でベテランパイロットの数は危機的に減っていきます。

なぜなら国土交通省のしらべによると航空産業にかかわるパイロットは現在30代後半~40代前半にかたまっているそうです。 (国土交通省の資料はこちら

そのため15~20年後にはその世代が抜け、かなりのパイロット不足に悩まされることになると予想できます。

 

 乗務員不足は日本だけ?

世界的にパイロットの需要は高まりつつあります。

つまりこういうことです。

自分にこどもが出来たら絶対にパイロットをめざしてもらう!

 

飛行機の操縦技術は世界各国でそれほど差はないため、

アジアではアジアの国同士でパイロットの奪い合い状態だそうです。

 

過去は年収3000万だった

大手航空会社のパイロットともなると、以前は年収3000万円なんて当たり前だったそうですが、

現在は1200万円くらいが平均値だそうです。

 

現在はまた値上げの方向にすこしづつ動いてそうですが、

航空会社同士でパイロットの引き抜きをし合っているのが現状です。

 

はじめから高い給料を出して雇う気はあまりないようです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ