Sponsored Link

閃考会議室、その特徴とは?



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


閃考会議室というものを聞いたことがあるでしょうか?

Sponsored Link

最近の先端企業ではオフィスのレイアウトや雰囲気を見直しユニークなオフィスモデルを取り入れるところが増えています。得にベンチャー企業では自由度が高く、さまざまな工夫を取り入れているところもあります。その中の一つの例が閃考会議室です。

閃考会議室とは面白法人カヤックにある会議室で、大きく分けて2つの工夫がこらしてあります。

  1. 会議中に時間を感じる工夫
  2. アイデアが湧きやすくなる工夫

この特徴2つを見るといいことづくしですよね。いったい具体的にはどのようにして会議をサポートしているのでしょうか?

1.会議中に時間を感じる工夫

これはLEDライトを駆使して時間のながれを演出していきます。例えば3時間予定の会議でテーマを「半日」に設定した場合、この3時間のなかで朝日が昇ってから夕日がしずむまでを演出してくれます。会議が始まるときには薄暗い中で日が昇り始め、議論が活性化する会議の半ばには昼間、まとめの段階に入る会議終盤には夕日が沈みます。

会議中は時間を気にする余裕がない場合や、時間をみない上司もいるともいます。会議の無駄な延長はその他の仕事を圧迫することになるため避けたいですよね?それを解決するのがこの機能なんですね。

2.アイデアが湧きやすくなる工夫

これは本当にハイテク!

簡単にいえば、会議中の会話の中からキーワードを音声認識でピックアップしてそのキーワードの関連情報を検索してくれます。検索してくれた結果はテーブルに表示されて議論に参加している人は皆それを見ることができるようです。

これを採用すれば会議中にアイデアがわきやすくなるのは明白ですよね!

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ