Sponsored Link

糖質制限ダイエットの効果は



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


やせたい!甘いものを食べたい!そんな願いをかなえることができれば…
という悩みをかかえた方も多いと思います。

最近では様々なダイエット法が各メディアで紹介されていますね。
ロングブレスダイエット 朝バナナダイエット 寒天ダイエットなどなど

中でも今話題なのが「糖質制限ダイエット」ですよね!
糖質制限ダイエットは1日の食事に含まれる「糖質」の量を
減らしたり、可能な限り0になるようにするものです。

Sponsored Link

☆「糖質」ってなんだろう?

糖質とは炭水化物から食物繊維を差し引いたものです。
コンビニやスーパーで買い物をすると袋の裏側に食品にふくまれている炭水化物や
ナトリウム、カロリーが記載されていると思います。

ここに「炭水化物」と「食物繊維」を記載してある場合と「糖質」を記載してある場合があります。
例えば「炭水化物10g」「食物繊維1.0g」と書いてあった場合糖質は9.0gということになります。
「糖質10g」と書かれていた場合がそのまんま糖質は10gです。

☆糖質制限とは具体的には…?

食事の中の炭水化物、要は主食をけずることで糖質の摂取量を減らします。

摂取量を根本から減らすことで、糖の吸収量を減らします。

 

糖の吸収量が減れば体につく脂肪の量も減る気がしますよね…
また、糖の吸収量をコントロールするということは、糖尿病治療にも役立つとして

糖病病患者の方の中にも実践している人がいるそうです。

 

 

実践者の中には炭水化物を全くとらないスタイルの「糖質制限」ならぬ「糖質ゼロ」ダイエットに挑戦している例もあり、食事でご飯・パンを食べないだけでなく主食以外の食べ物にも制限をかけていきます。

 

例えば、ニンジンやレンコンなどの根菜類や南京は糖質を多く含むため食べないようにします。果物も甘いということは糖質が含まれていますからNGです。唯一食べてもよい果物はアボカドでこれがビタミン源となります。

 

☆ほんとに効果があるのか…?

効果は確かにあります。
あります。
ありますが、良い効果ばかりがあがるわけではありません。

・良い効果

確かに痩せます。早ければ数週間でも成果が体重に現れるためダイエットを行う人の
モチベーションにもつながります。

・悪い効果

最悪寝たきりになります…。

…!寝たきり?
と思われる方もいると思いますが実際ご年配の方で事例があるそうです。
といっても糖がたりないことで直接的に寝たきりになるわけではありませんが。
糖が足りないことで衰えるのは主に筋肉です。筋肉が衰えることによって
体がだるくなったり転んで骨折したりするようです。
ではなぜ糖質をとらないと筋力が衰えるのか?

みなさんは小学校などで「主食(黄色の食品)は生きるためのエネルギーで
絶対に摂らなくてはならないのがこの主食なんだと聞いたことはありませんか?

私はそう習いました!
御存じのとおり糖質は「脳」の大切な大切な唯一の栄養源です。
脳に糖が運ばれなければ脳は栄養不足になってしまうのです。

では糖質ゼロダイエットなんてしてたら寝たきりどころか死んでしまう
のではないのか?と思われるでしょう。

確かに脳みそに全く糖が運ばれなければすぐに死んでしまいます。

しかし、人間には「糖新生」という機能があり、糖を全く摂らなくても
自ら作り出すことが可能なのです!

え!すごい!そんなことができるの!
と思われるかもしれません。確かにすごいです。糖新生があれば
炭水化物摂らなくても生きていける気がします。人間最強な気がしてきます。

しかし糖新生には大きな落とし穴があったのです。
糖を作り出すため、糖新生では「筋肉」を分解するそうです。
そのため長期間糖質ゼロの生活を続けると体から筋肉が落ちていき
体力もなくなっていきます。
そのためちょっとしたことですぐ疲れたり、転んだりしやすくなり
怪我・入院につながるケースがあるようです。
運悪くお尻から転んで下半身が動かなくなり寝たきりになった方がいるそうです。

このように糖質を完全にゼロにすることは生命活動を維持する上では
非常に危険です。
糖質オフならばきちんと管理することで目的の成果をだすことが安全にできるかもしれませんが、

糖質ゼロ と極端になってしまうと非常に危険です。
みなさんも是非お気を付け下さい。

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ