Sponsored Link

有機ELと液晶の違いってなに?



>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー


日本の企業が「有機EL」の事業から撤退したというニュースがありましたが、

有機EL液晶って違いは何なのだろうという疑問を持ったので調べてみました!

 

Sponsored Link

両者の簡単な違い

有機ELはそれ自体が光ることで画面に映像を映し出しますが、

液晶はそれ自体が光ることが出来ません。

 

つまり、なにか映像を映し出したいときびに

 

有機ELの場合は「有機ELのみ」でいいところを

液晶の場合は「液晶」と「光源(バックライト)」が必要になります。

 

じゃあ有機ELの方がいいじゃん!

って思うかもしれませんが、そこは一長一短です。

 

それぞれに特徴があり、長所と短所があります。

 

有機ELの長所と短所

有機EL自体が光りバックライトが必要ないことでどのようなメリットがあるかというと

ディスプレイなどに応用したときに薄くできるということです。

ケータイ電話などの小型の機器に利用しやすいですね。

 

さらにバックライトが必要ないことは応答速度がはやいことにもつながります。

つまりは、スイッチの切り替えがはやいということですね。

ですから、携帯ゲーム機などに応用した場合にプレイしやすくなります。

 

また、有機ELは光るために必要なエネルギーが小さくて済むため消費する電気量(料)が低くおさえられます。

 

そして、原理は難しいのですが、角度による見え方が小さい画面を作ることができます。

正面からみても斜めからみても画質が変わりません

 

 

 

ここからはデメリットですが、液晶やプラズマテレビ等に比べた場合に値段が高いということがまず挙げられます。

 

次にサイズの問題です。有機ELを使ったディスプレイは小型なものは作ることができ、ケータイ等に利用されていますが大型のディスプレイを作ることが非常に難しいといわれています。 せいぜい20インチ程度が限度なため大型テレビ等はつくることが難しいです。

 

最後にディスプレイの寿命が他のディスプレイに比べて寿命が短いと言われていますが、それほど影響を受けるような違いではありません。ディスプレイの寿命がくる前に、買い替えたり他の部分の寿命が先にくることの方が多いです。

 

液晶の長所と短所

まずは長所から…

低反射性のため、周りの照明などの光が画面にあまり映らないことです。つまり画面が非常に見やすいということですね。

 

 

 

 

 

 

いろいと調べましたがこのくらいでした…。

しいて挙げるならば寿命が長いことや消費電力もある程度低いということですかね…。

 

 

では短所を!

まず、動画などがピンぼけして見えやすくなります。これはテレビなどにとっては致命的!?笑

 

次に、バックライトを当てている関係で、部屋が暗くなった時には画面が黒くみえたりします。そのため物陰などの映像がはっきりとは見えにくくなってしまいます。

 

 

 

 

まとめ

ひとつずつ特徴を挙げていくと有機ELすごい!

って感想をもちますが、日本の企業は開発を断念するみたいです。

 

世界で開発するところが韓国だけになるそうです。

 

 

小型のゲーム機やケータイ電話等に利用する際は有機ELの方が絶対に使いやすいと思いますし、

さらに技術が発展すれば大型のテレビなどにも使用できるのでしょうから、開発者の方には是非がんばってもらいたいですね!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

>>管理人のがびだりをツイッターでフォローする(して (´;ω;`)ウゥゥ) 夢はついったらー

記事は参考になりましたか!?

 ソーシャルボタン

Sponsored Link

“有機ELと液晶の違いってなに?” への1件のフィードバック

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ